遺産分割協議書に記載のない財産が後日判明 した 場合の分割協議書の書き方・文例&ワードダウンロード

遺産分割協議の作成&文例集

後日に遺産分割協議書に記載のない財産がある場合に備える遺産分割協議書の書き方・文例

財産調査をおこなっても確定できず、遺産分割協議書に記載されていない相続財産が後日、新たにでてくる場合もあります。
よくあるケースは通帳なく特定できなかった預金口座や非課税の私道や山林などがあります。 そのような事を想定して新たな財産が出てきた時の事を考慮して下記の文言を加えておきましょう。

例1

新たに被相続人の遺産が確認または発見された場合は改めて相続人間で協議、分割を行うものとする。
  
例2

本協議書に記載なき資産及び後日判明した遺産については相続人〇〇〇〇〇がこれを取得する。  
  

記載のない財産が発見された場合の遺産分割協議書の書き方・文例


               遺産分割協議書
             (タイトルを明記する)

 被相続人   中野太郎
 本籍     東京都 中野区中野1-1-1
 最後の住所  東京都 渋谷区渋谷1-1-1
 生年月日   昭和〇〇年〇月〇日
 死亡年月日 令和〇〇年〇月〇日日
(被相続人の本籍、最後の住所、生年月日、死亡日などを明記する)

 中野太郎の死亡により開始した相続の共同相続人である中野修二、目黒花子の全員で
 次の通り 遺産分割の協議を行い、下記の通り分割し、取得する事に合意した。

 第1条
 相続人 中野修二は以下の財産を相続する。
  1.一棟の建物表示
   所 在:   東京都渋谷区渋谷○丁目○○番○○号
   建物の名称: 宮益坂タワーマンション
  2.占有部分の建物表示
   家屋番号:  ○○番○○
   建物の名称: ○○号
   種 類:   居宅
   構 造:   鉄骨鉄筋コンクリート造1階建
   床面積:   ○階80.5平方メートル
  3.敷地権の表示
   土地の符号:1
   敷地権の種類: 所有権
   敷地権の割合: ○○○○分の○○
(不動産は権利書などを参照し、地番、家屋番号等を明記する)
  
 第2条
 相続人 品川花子は以下の財産を相続する。
  1.銀行預金
    ①)○○銀行○○支店 定期預金 口座番号 123456
    ②)ゆうちょ銀行 通常貯金 記号123 番号34567
  2.現金50万円

例文1
 新たに被相続人の遺産が確認または発見された場合は改めて協議し、分割を行うものとする。

例文2
 本協議書に記載なき資産及び後日判明した遺産については相続人〇〇〇〇〇がこれを取得する。 

 上記の協議を証するため、本協議書を2通作成して、それぞれに署名、押印し、各自1通保有
 するものとする。
                        
 令和〇〇年〇月〇日
 住所     東京都渋谷区渋谷○丁目○番○号
 生年月日   平成〇〇年〇月〇日
 相続人     中野修二  実印

 住所     品川区上大崎○丁目○番○号
 生年月日   平成〇〇年〇月〇
 相続人    目黒花子   実印
 (相続人全員が署名し、実印を押印する)  
    
記載のない財産が新たに発見された場合の遺産分割協議書の書き方

記載のない財産がある事を想定した遺産分割協議書のワードファイルの無料ダウンロード

遺産分割協議書のワードファイルのダウンロード無料

       



タイトルとURLをコピーしました