一人(配偶者)がすべて相続する場合の遺産分割協議書の書き方・文例&ワードダウンロード

遺産分割協議の作成&文例集
母に全ての財産 遺産分割協議書の書き方 文例・見本

遺産分割協議書の書き方| 配偶者が全て相続 する分割協議書のサンプル

自宅・現金などの遺産を被相続人の配偶者である母に一旦全ての財産を相続させる遺産分割協議書の書き方のサンプルです。相続財産の大半が自宅の場合で兄弟が複数人の場合に利用されるケースが多いようです。

被相続人の妻(母)に一切の財産を渡す遺産分割協議書の書き方・文例&ワードダウンロード

               遺産分割協議書
             (タイトルを明記する)  
        
 被相続人   田中修一郎
 本籍     東京都 杉並区杉並1-1-1
 最後の住所  東京都 渋谷区渋谷1-1-1
 生年月日   昭和〇〇年〇月〇日
 死亡年月日 令和〇〇年〇月〇日日 令和〇〇年〇月〇日日
(被相続人の本籍、最後の住所、生年月日、死亡日などを明記する)

田中修一郎の死亡により開始した相続の共同相続人である田中めぐみ、田中太郎、飯島明子全員で次の通り遺産分割の協議を行い、下記の通り分割し、取得する事に合意した。

1.被相続人の一切の財産は、妻の田中めぐみが相続する。

2.新たに被相続人の遺産が確認または発見された場合は、その一切を妻の田中めぐみが相続する。
上記の協議を証するため、本協議書を3通作成して、それぞれに署名、押印し、各自1通保有するものとする。

                        
令和〇〇年〇月〇日
住所   東京都渋谷区渋谷○丁目○番○号
生年月日 昭和〇〇年〇月〇日
相続人  田中めぐみ  印

住所   東京都渋谷区渋谷○丁目○番○号
生年月日 平成〇〇年〇月〇
相続人  田中太郎 印

住所   目黒区目黒谷○丁目○番○号
生年月日 平成〇〇年〇月〇
相続人  飯島明子  実印
(氏名を自著し、実印を捺印する。)
 

記載のない財産が新たに発見された場合の遺産分割協議書の書き方

記載のない財産がある遺産分割協議書のワードファイルの無料ダウンロード

遺産分割協議書のワードファイルのダウンロード無料

      



タイトルとURLをコピーしました